SM変態マニア専用ツーショットダイヤル選び

SMフェチ

痛いのが好き、痛い思いをさせたい。完全ド変態の世界がSMフェチ。
女王様、下僕、奴隷、そんな言葉にドキっとしたらアナタはSMフェチ。

SMの方への注意点

SMは変態のど真ん中。普通、痛いなんて誰もが嫌いです。上手に交渉しないと変態扱いされてパートナーに逃げられてしまいます。ただし、サドもしくはマゾは誰でも持ち合わせているフェティシズム。叩けばかならずホコリが出ます。諦めずに交渉を進めましょう!

SMフェチの種類

女王様と下僕

女性がSで男性がMです。女性からの恥辱にとにかく性的興奮を覚える男性が該当します。

 

主なプレイスタイル

 

ボンデージ
女王様にテカテカで真っ黒または真っ赤なボンデージを着てもらい、さらに雰囲気をあげてもらいます。

 

鞭打ち
ムチで自分の体を叩いてもらいます。強度は人それぞれ。ちょっと赤くなる程度から血がにじむほどまで。

 

ロウソク
ロウソクに火をつけて熱いロウを全身に垂らしてもらいます。

 

緊縛
縄で全身を縛ってもらい、自由を奪ってもらいます。その意味は『服従』。

 

言葉責め
罵倒・ののしり・侮辱・見下しなどで、相手をとことん蔑み(さげすみ)ます。変態呼ばわりされる事で下僕は興奮します。詳しくは言葉責めフェチにて。

 

S男と肉奴隷

M女性をサディスティックにいじめるプレイ。

 

主なプレイスタイル

 

緊縛
縄で全身を縛り女性の自由を奪った上で、好きな事をしまくります。

 

ラバー束縛
全身をピッチリフィットするSM用ラバー着を着せ、自由を奪います。マニアックになると顔まで覆うものになります。

 

イマラチオ
全身を束縛またはそのままで強制フェラチオをさせます。ディープスロートで喉の奥まで出し入れをして涙を流しても止めません。

 

言葉責め
メス肉奴隷に対しても下僕と同じく言葉責めプレイがありますが、下僕と違いもう少しバリュエーションが豊富。恐怖・脅迫と言ったニュアンスが好まれます。セックスの最中に恥ずかしい言葉を連呼させる、と言ったものも言葉で責めに近いものがあります。